脚の筋肉は主にスクワットやランニングで鍛えます

脚の筋肉は主にスクワットやランニングで鍛えます

脚の筋肉は主にスクワットやランニングで鍛えます。
その中でもランニングは有酸素運動なのでベースに日常によく取り入れるなら特におすすめです。

 

無理せず、短距離よりも比較的筋肉を傷めないのが特徴です。

 

有酸素運動と無酸素運動の違いは有酸素運動は時間を長く使い体脂肪を燃やしやすいと聞きます。
比較的継続的に筋肉に弱く断続的に負荷をかけ続けることで、体脂肪を燃やします。

 

また酸素を必要とするので、あまりにも無理して一生懸命走れば、無酸素(呼吸が荒くなる)
事でうまく効率よく体脂肪が燃焼しません。

 

走りながら話せるくらいがちょうどよいといわれています。
また、時間は20分以上走り続けることが重要になってきます。

 

それから血液中の脂肪などが燃焼してしまいサラサラになり、内臓脂肪などを燃やし始めます。
無酸素運動は、筋力トレーニングや短距離マラソンのことです。

 

これは無酸素運動に属するもので、酸素を使わない分、短時間しか運動できないのが特徴です。
筋肉を鍛えるために何もしなくても筋肉を維持するエネルギーが必要とされます。

 

そのために結果的には基礎代謝量を増やすことになります。

 

寝ている姿勢で、何もしてないと気が基礎代謝を消費していることになります。

 

その状態でも消費されるエネルギーが筋肉をつけた分ある分多く消費されるということです。
有酸素運動と無酸素運動をうまく取り入れることが筋肉トレーニングで大事なこととなってきます。

 

では、ランニングをするうえで大事なことは何でしょうか?

 

まずは走る姿勢です。

 

  • 体幹(体の中心、軸の部分)を鍛えることが重要となってきます。
  • 次にふくらはぎ、太ももの筋肉

 

ここを鍛えるためにはやはり腹筋力、大腿筋、ふくらはぎのトレーニングも必要不可欠になってきます。

 

スクワットが効率的なトレーニングとなってきます。スクワット一つでも足の広げる幅で鍛える箇所が違ってくるといいます。
足幅を広げれば大腿筋部分を鍛えることになり、足幅を狭めれば、ふくらはぎに近いところのトレーニングとなります。

 

また、膝を深く曲げれば大臀筋を鍛えます。このようにトレーニングの一つでも鍛えられる箇所が違ってきますので気を付けましょう。