私が自分で試した3つの便秘解消方法

私が自分で試した3つの便秘解消方法

私が小さい頃、小児科の先生が母に「この子は腸が普通の人より1.5倍ほど長い」「そのため便秘症である」と話したそうです。

 

 

確かに私は便秘に悩むことが多かったです。小さい頃は母が食事管理をするため、便秘に悩んだ自覚もあまりないのですが、大きくなると自分で何かを買って食べるということも増えるため、そうもいきません。そんな中、私が自分で試した3つの便秘解消方法をお話しします。

 

ダイエット用のお茶を飲む

 

ダイエットはもともとお通じを良くすることから始めなければなりません。そのため、薬局のダイエットの棚を見てみると、便通を良くするお茶がたくさん売られています。私はダイエット目的というよりは、便秘解消のためにそのお茶を飲むことから始めました。最初は非常に効果を感じ、「これで便秘ともおさらば!」と思えるのですが、身体が慣れてしまうんだと思います。徐々に効果がなくなります。また、やかんでお茶を煮出して飲む、という手間やお茶の値段もあり、長続きはしませんでした。

 

水をたくさん飲む

 

「浮腫みを取るためには1日2リットル以上の水を飲むと良い」と聞いたため、便秘の対策というよりは浮腫みを取る対策として、水を2リットル以上飲むようなりました。するとトイレに行く回数が格段と増えましたが、同時に便通も良くなりました。大腸の中で硬くなっていた便が水を吸収するわけですから、便秘が解消されるのは当たり前なのですが、これは非常に有難かったです。とにかくトイレに行く回数が増えるのは大変でしたが、おかげで便秘もなくなったため、水を飲む方法は非常に良かったと思います。ただこれも、夏の間は良いのですが、寒くなってくると1日2リットルの水はなかなか飲めません。そのため、これも長続きはしませんでした。

 

野菜をたくさん食べる

 

結婚し、海外に住むようになりました。そして食事に野菜を多く使うようになりました。私たちが住む国では野菜が安いので、例えばお味噌汁を作るにも4種類ほどの野菜を入れています。また、煮物やサラダも作り、野菜を多く消費しています。すると便秘に悩まなくなりました。この生活を続けて1年以上たちますが、今のところ身体が慣れてしまってまた便秘... ということもありません。ただし、日本では野菜が高いため、なかなか野菜をしっかり食べて便秘解消ということは難しいと思います。そうとは言え、やはり野菜で便秘を解消することが1番健康的であり、確実だということが分かりました。野菜が高い場合は、果物や野菜ジュースで代用することもアリだと思います。